« 2005カレンダー | トップページ | 柴ハーレム計画(夢) »

TV映画にまでこの手法

日曜日にテレ朝系でやってた「ミッション・インポシブル」にたまたまチャンネルをあわせたら、ちょうどトム・クルーズが宙吊りになってデータを盗むところでした。で、ジャン・レノがひっぱっているロープがゆるんでしまって床につきそうになってしまう有名なシーンで突如CMへ。この緊迫感あふれるシーンをぶった切るのかよ!と思っていたらCM明けは30秒ほど巻き戻したとこからスタート。バラエティなんかでよくあるあのむかつく手法を、なんと映画にまでやっているんです。TVで放映する映画ってただでさえ編集されて短くなっているのに、さらにこういう同じシーンを繰り返すようなことをするのかと、とても気分悪くなりました。これって製作者側が視聴者をすごーく低レベルにみているようにかんじませんか。映画をTVでみることは最近ほとんどなかったのだけど、ますます見なくなるどころか避けてしまいそうだ。DVD借りてムカつかずにすむならそのほうがマシ。

|

« 2005カレンダー | トップページ | 柴ハーレム計画(夢) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV映画にまでこの手法:

« 2005カレンダー | トップページ | 柴ハーレム計画(夢) »