« 石垣島紀行 その1 | トップページ | 石垣島紀行 その3 »

石垣島紀行 その2

今日は目の前に見える竹富島へ。
八重山観光フェリーチケット売り場にて「犬乗せたいんですけど」というと、「デッキというか、外ならOKです。」と言われる。ちなみに無料。

Southernking

往路に乗った船。こちらは後部の高くなってるところにペンチシートがあり、一応閉鎖空間でした。相方がふと「うららか、吐いたりして」と言い出したので、朝ごはんからとりおきして納豆を与えたことを後悔する。高速船なので、とにかくエンジンの音がすごい。うららかはかなりイヤそうな顔していた。何とか無事にたどり着く。約10分。

Sennai

港では「水牛観光」やら「レンタサイクル」などの乗り合いバスやビーチ行きのバスがずらっとならんでいてお客さん争奪戦。わたくしたちはひたすら歩くことに。途中で水牛車がぬっと現れる。うららかは喧嘩売ろうとしていたがあきらかに迫力負け。三線を爪弾きつつ歌う牛使い(?)の歌声とともにゆっくり動いていきました。いいなぁ。

Suigyu

西桟橋、コンドイビーチ、星砂浜などを歩く。星砂は見つけられなかった。しかしよく歩いたわ。一軒だけレゲエ音楽かけてたお店があったけど、それ以外は基本的に人工的な音が一切なくて、風の音や鳥や牛の鳴き声だけの静かなところでした。15時ごろに島を出る。帰りの船は行きとちがって船尾に行けといわれたのだがこれがもう、モロに外!すごいスピードで走るし、音はすごいし、うららかはおびえちゃって暴れるしで、それをおさえこみつつ抱っこしているわたくしもかなり必死でした。往路に乗ったようなタイプの船を待ったほうがよかったかも。短時間だけど怖かった~。
その後は石垣島の西側探検で、景勝地の川平地区へ。グラスボトムボートがいっぱい。

Kabira

このへんで相方が「デジカメの調子がおかしい!今日撮った画像が見えない!」と騒ぎ出す。それって、去年一年分の画像がはいってたよね、確か(汗。午前中の竹富島の写真もパーなのか、とチーム一同ブルーになる。

Dsc03075

万勢岳展望台からみる竹富島。バンナ岳よりこっちのほうが眺望はいいかな?しかし街灯一切ナシなので、夕日をみたらさくっと帰らないと真っ暗闇で相当怖そうだ。

一旦宿に帰って夕飯を外に食べに行こうとしたら、SDカードデータがお釈迦になったことを苦にして、どうにかして救えないかとネット検索しまくる相方。ダウンロードサービスでお助けソフトを買い、なんとか復旧の目星がついたので、意気揚々とご飯をたべにいく。これができてないと、食事がおいしくないじゃん!といって譲らないので、わたくしはすきっ腹を抱えてじっと待っていたのでした。
教訓:メモリはちゃんとしたメーカーの買うこと。安さにつられて花札のシールが貼ってあるようなのを使っているとエライ目にあうかも。

ちゃん吉さんおすすめの「石垣屋」へ。空港のすぐ近く。

Dsc03084

石垣牛ドーン!お肉もおいしいけどお店の雰囲気も良かった~。お昼のランチがお得でよさげでした。
明日は宮良川カヌーツアーに挑戦。
(つづく)

|

« 石垣島紀行 その1 | トップページ | 石垣島紀行 その3 »

コメント

一気に何本か読みましたところ…キレイで暑そうで美味しそうで楽しそうっ!
いいですなぁ~南の島っ♪沖縄って日本じゃないですもんね。琉球王国ですもん。何もかもが良いわ~。
明日はカヌーですか。すると、マングローブの林とか拝見できるかしら。わくわく。

ところで。
なんかすごいモン当ててませんかっ?
ローカル特番って…CTY?
お願いですっ、そのご利益をワタクシにも~っ!

投稿: i-boshi | 2006/04/12 22:25

> メモリはちゃんとしたメーカーの買うこと

デジカメのような大切なデータを保管するメモリは、ね。
元データがあって一時的にデータ授受したり外に持ち出すだけのようなのは安物でいーんです :-P

投稿: tur2k3 | 2006/04/12 22:39

思い出すなあ~~。
船、うららかちゃんもOKなんですね!
でも、帰りのようなタイプだとマジで怖そう・・・
ダイブしなくて本当によかった。。。
私達が行った時は、水牛に乗ったのですが名前がついてました。「なおみ」だかなんだか。
もう10年以上前なのであやふやですが。。。
水牛に喧嘩売るうららかちゃん、さすが特攻隊!
データも無事でよかったですね。
3号さんの気持ち、わかりますよ~~。
お腹すかせた分、美味しくお肉いただけました?
でも、量が少し少なめでした(私には)
追加する~!と言う私を押さえ込むのに必死だったオットです。お二人にはどうだったかなー。
続きも楽しみにしてます★

投稿: ちゃん吉 | 2006/04/12 22:57

なんだか、3,4枚目の写真は時間が止まってて
三線の音色と波の音だけが今にも聞こえてきそう。
私もこの砕けた腰を癒すにはこういう所でまったり過ごすほうがきっと良いんだろうな・・・続き楽しみにしてます!!
(来週は石垣島を飛び越えて赤道のほぼ下に行ってまいりますわ・・・地雷のような母と地雷が爆発したコシを抱えて・・・)

投稿: さよ | 2006/04/12 23:28

カッーーーー!!!石垣でうまいもんばっか食ってきおったのね~~~。あぁおいしそう。
この辺では見られないような海の美しさ。きれいだ。きれいすぎる。
しかもつづくだーーーー!(笑)

投稿: コサクおかっち | 2006/04/13 09:45

うららかちゃん、美人なおカオが台無しよ(笑)
ほんとに嫌だったんですね~。

沖縄の風景、いいですよね。
落ち着きます。
子供の頃しか行ったことないし今はもっと空間を楽しめるかな。

お肉おいしそすぎる~~~!!!

投稿: みゅ | 2006/04/13 19:23

お元気そうで、安心しました。
あの少し前、
うららかちゃんはガラス窓にはりついてました(笑)。
「まだなのよー」と、かりんに言ってたような。。。

投稿: かりん母 | 2006/04/13 21:53

>>i-boshiさま

いやー、青い水平線をみていると、「東シナ海!」ってかんじでしたよ。木の生え方も強風にさらされていて形がちがうし、足元は全部珊瑚のかけらだし。
うふふー、抽選で当たるより、クイズで当てたことにかなり自己満足してます(笑。たぶんGWぐらいにまたやるかも?○海TVですよん。

>>tur2k3

死相うかべたたくせにさー。つーかデータちゃんとパソに転送しとくべし。

投稿: earth | 2006/04/13 22:26

>>ちゃん吉さん

肉、わたくしたちも控えめでしたよ(笑。結構お値段しますもんねー。なので、牛丼頼みました。これもおいしかった~。焼肉店に牛丼って珍しいとおもうんですが、なぜか他の店でも必ずあるのです。石垣流なのか?
おもったのですが、犬連れだと今ぐらいがギリギリですかね。人間が泳げるぐらいになると、犬は暑くてばててしまいそうです。車のなかでお留守番もできませんしねぇ。宿でクレートでお留守番できる子ならいいんですけど、うららかには無理だし。いろいろ勉強になった旅でした。

>>さよさま

竹富島は時間の流れが違うような、不思議な空間でした。うららかのような柴犬がめずらしいのか、すっごく注目あびましたよ。いよいよさよさんのほうも母娘旅行に出発ですか!そちらの道中記も楽しみにしてますよ~。腰地雷がこれ以上ドッカンしないように三重から祈っております。ぼんぼやーじゅ!

投稿: earth | 2006/04/13 23:13

>>小作おかっちどん

そうさぁ~(語尾上げで)、いっぱい食べてきたさぁ~。帰ってきてから体重計に乗ったら気絶しそうだったさぁ~。それからというもの、お昼ご飯は納豆だけさぁ~(涙。。

>>みゅさん

子供のころに行ったことあるんですね!もしかして沖縄海洋博覧会とか?わたくしは飛行機乗っていくような国内旅行って社会人になるまでいったことなかったですばい。
うららかのこのイヤそーな顔、まだマシですよ。帰りはほんとうに腕のなかから飛び出して、海にドボンと落ちそうで。両手で抱えているからわたくしもどこにもつかまれないし。無事でよかったです(笑。

投稿: earth | 2006/04/13 23:25

>>かりん母さま

ご心配いただいて恐縮です。今日は着物着てのお勤めだったのです。帰ったら「散歩だ散歩!」と大騒ぎでした。ボールで遊べ要求も最近すごいし、なんだがハイテンション時期です。そろそろそういう時期でしょうかね。

投稿: earth | 2006/04/13 23:29

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島紀行 その2:

« 石垣島紀行 その1 | トップページ | 石垣島紀行 その3 »